未分類

LINEで送る
Pocket

実はくすんだわたしがサヨウナラ したもの〜【できる】から【やりたい】へのシフト

LINEで送る
Pocket

こんにちは、サノユキコです。

先日の投稿で、
「わたしはここ数年、イケてなかった」
と書きました。

続きを読む

知識は質より量!ーデキる人とデキない人の差

LINEで送る
Pocket

 

昨日のエントリーでは、

 

「知ること」の大切さについて、

「知ることから全てが始まる」

 

と書きました。

 

「知ること」とは、すなわち、

「知識を得ること」です。

 

最近の世の中、何かとつけて、

「量より質」の傾向にあったりして、

 

知識を「得る」ことよりも、

知識を「使う」ことの方に

重きが置かれている気がします。

 

が。

 

begin with knowing

 

こと知識においては、まず、

「質より量」ですよ。

 

思考法とかマインドとかいって、

それだけ鍛えていても全然ダメで、

「知識」という土台があってこそ。

 

例えば、英語にしてみても、

 

英語を使えるようになりたい、

話せるようになりたいというひとは

多いですけど、

 

英単語、覚えてますか?

 

英単語を何千と覚えるのって、

ツマラナイ作業です。そう、作業!

 

でも、知らない単語は聞けないし、

聞けないと話せないんですよ。

(もちろん読めないし書けない)

 

地味で無味乾燥な作業を

目標と成果にこだわってやり切れるか

 

もはやプライドと根性の世界。笑

でも、これが、デキる人とデキない人の差。

 

「質」にこだわるのは、

「量」をこなしてから!

 

スキルを身につけたいビジネスパーソンも

成績をあげたい子どもも、根っこは同じです。

好き・嫌い・向き・不向き

LINEで送る
Pocket

 

昨日、うだるように暑いバンコクの街を汗だくになって歩きながら、急に思い出したことがありました。(なぜ急に思い出したのか不明)

大学4年生のとき、就職活動で、ゼミの先輩にOB訪問をしたときのこと。

そのゼミのOBは、Twitterの日本代表(他にも要職多数)、当時マッキンゼーで働かれていた近藤正晃ジェームスさん(@jameskondo)。その時、マッキンゼーの豪華で重厚なオフィスで、近藤さんにいわれたこと。

 

自分の好きなことと、勝負して勝てる場所は、必ずしも一致しない。

キャリアを究めたいと思うなら、その違いをしっかり認識して、勝てるところで勝負しろ。

 

勝負して勝てるところ、というのは、適性があるところでということです。

like-dislike

近藤さんの言われていたことを簡単にフレームワーク化してみると、こんな感じでしょうか。

 

一番ハッピーなのは、ハートマーク。「好き×適性あり=最強!」ですね。

 

お日さまマークのところは、「好きだけど、向いていない」趣味とかならいいかも?

 

曇りマークは、「向いてるけど楽しくない」

今の私の仕事はここかな。難なくこなせるけど、楽しくないわ。笑

 

かみなりマークは、「好きでもないし、適性もない」

人生、考え直すのもいいかも…?

 

キャリアで成功したいなら、ハートか曇りマークの象限にいろ、ってことですね。

 

十数年働いてみて思うのは、曇り→ハートへの移行は難しいのでは?ということ。

「好きじゃないこと」っていうのは、強い理由がないとできないですね。わかりやすいところでいうと、生活のため、ライスワークとしてやる。できるけど、楽しくない。ジワジワと自分が損なわれていって、しんどくなっちゃう。

お日さま→ハートへの移行も、言うほど簡単じゃないですよね。あなたがMだったらいいかもだけど。笑

 

ハート、雲、お日さま、かみなり、あなたの現在のポジションはどこですか??

どの象限に動いていきたいですか?

そのためには、何を決めて、どう動いていかないといくのがいいんでしょう?

 

私は…もちろんハートに動いていきますよ!