Lifestyle ライフスタイル

LINEで送る
Pocket

How I will measure my life?ー人生を評価するものさし

LINEで送る
Pocket

昨夜、アメリカから訃報を知らせる一通のメールが届きました。

ちょうどこの本を読んでいて、「家族」に想いを馳せていたところに届いた知らせでした。

 

亡くなったのは、おじ、とここでは記しますが、私の祖母の妹のご主人(アメリカ人)です。かつて軍人だったおじは、第二次大戦直後、日本に駐留した経験があり、その際に祖母の妹と知り合い、結婚しました。

おじには、私が 19歳(大学2年生)のとき、短期の語学留学で渡米したときに初めて会いました。それ以来、頻繁とはいえませんが、メールでやgreeting cardでのやり取りを続けていました。わが家には、私以外、英語ができる人がいないため、おじにとっては、私が日本の家族とつながることができる唯一のコンタクトだったのです。

19歳の私が、「いつかはアメリカに留学したいと」話したことを覚えていてくれて、地元の大学の先生と話をしたというメールをくれたり、私のことをよく気にかけてくれていました。そして、私がハーバードに留学することになったときは、とても喜んでくれました。アメリカ人にとって、家族がハーバードに行くだけでも誇らしいけれど、日本人でそれを実現するなんて、と。

アメリカ留学中には2回、おじのところに遊びに行きました。何十年もの話を聞くには全然足りない短すぎる時間でしたが、たくさんの話をしました。日本での駐留を終えアメリカに戻ってから、祖母の妹との結婚生活にも色々なことがあったようでした。祖母の妹は、とても気の強い女性だったと父や叔母から聞いていましたが、家族と離れた異国での生活は苦労も多かったのだと思います。

この頃、祖母の妹は、アルツハイマーの症状がかなり進んでおり、おじのことはわかっていましたが、私のことは認識できていませんでした。正確には、私の存在は覚えていましたが、彼女の記憶の中の私は6歳で止まっていて、目の前にいる私は、別の誰かになっていました。(祖母の妹は、その後、ケアホームに入り、今もそちらで暮らしています)

孫のいなかったおじにとって、私は孫のような存在だったのだと思います。

そして、その孫のような私の息子のことも大切に思ってくれていました。10ヶ月ほど前、息子の大学進学のための信託基金をつくりたい、といわれました。もう80歳近くになったということで、身辺の整理を始めたようでしたが、息子の成長を見届けたいから健康を維持しないと、とも言っていたので、死期を予測していたわけではないと思います。

その息子の顔を見せてあげられなかったことが本当に本当に残念でなりません。

おじの死は、自分が人生において何を大切にしたいのか、そのためにどう行動すべきなのか、というメッセージを改めて私に伝えてくれたような気がしています。

思考を深めるために必要なことー時間があればいいの?

LINEで送る
Pocket

今日の午前中、とある方とGoogle Hangoutでビジネスのアイデア出しをしました。

そう、私、起業を考えているんです!

ここ2〜3週間ほど、そのミーティングの準備として、ビジネスアイデアをどんどん出して絞り込んでいくという作業をしていたのですが、まず最初に直面したのが、

そもそもゆっくり考えごとをしている時間がない!

という課題でした。

仕事をしながら家事、育児をしているので、1日のなかで「自分の時間」というものは、そもそもほとんどないのです。自分の時間がとれるのは、基本、子どもが寝た後ですが、子どもが起きて泣けば相手をしなくてはならず、中断されることもしょっちゅう。つまり、「まとまった」時間ではなく、「断続的な」時間なので、ゆっくり考えごとなんてできません!

子どもがうまれて以来、特に仕事復帰してからは、自分の(まとまった)時間がないことにストレスを感じていました。その根底にあるのは、今後のキャリアが描けないことへの不安、そして将来を模索するための時間を取れないどころか、日々、タスクをこなすので精一杯。このままでいいの?いいわけないよね、という焦りです。

今回のミーティングが今後の展望を開くきっかけになるかもしれない、ということで、結構気合いが入っていただけに、予想通りながらも、思うように時間が取れず…。

そこで、先週、今週と2週連続で、週末のGymboreeのクラスは、夫に付き添いをお願いし「まとまった」時間(計3時間程度)を確保しました。

ところが… まとまった時間を確保したにもかかわらず、アイデア出しははかどらなかったのです!

どうやら、

時間があればいいというものでもない

ということのようなのです。

これには、私もうーん。。。となってしまいました。自分と向き合うための時間がない、ということが一番の課題だと思っていたのに、どうやら「時間」だけが問題の本質ではないらしい、と気付いてしまったからです。

その一方、昨日ちょうど「Meeting myselfー自分と向き合う時間をもつこと、自分との約束を守るということ」というエントリーを書いたばかりですが、「まとまった時間が取れないことが思考を深める制約となっている」という思い込みが外れたことで、新しい展望が開けそうだという希望が生まれました。

自分の今の生活で、ある程度のまとまった時間を捻出するには睡眠時間を削るしかないのかな、でも経験上、睡眠時間をきちんと確保していないとパフォーマンスが落ちるので本末転倒だよね…と考えていたからです。

「(まとまった)時間」以外に、思考を深めるために必要な要素は何なの? 私の思考が、新しい方向に動き始めました。

Meeting myselfー自分と向き合う時間をもつこと、自分との約束を守るということ。

LINEで送る
Pocket

土曜日の朝は、夫と息子の二人でGymboreeに行ってもらっています。そして私は、貴重なお一人さまタイム〜!

さて、昨日は2回目のヨガ・セッションでした。

まだ2回目ですが、早くも自分にとって、欠かすことのできない貴重な時間となっていることを実感しています。

心も身体もオープンにして、自分自身と向き合うことができる時間だからだと思います。

かつて、大学時代のゼミの教授のところで秘書的な仕事をしていたことがあります。先生のスケジュール表には「MGM」という時間がありました。MGMは、”Meeting Myself”といって、先生がご自分と向き合うために定期的に確保している時間、それこそ何十年も続けていらっしゃる習慣でした。

どんなに忙しくても、その時間に首相からののアポイント依頼があってもお断りしてしまうほど、「この時間を定期的にもつ」という先生の姿勢、コミットメントは徹底していました。

ハーバード・ケネディースクールでお世話になったLant Pritchett教授も、こう言っていました。

どこへ行っても何があっても、自分にとって何が一番大切かを忘れるな。そして、常にそれを一番の価値、判断基準にしろ。絶対にブレるな。

そう、私の周囲で、そして、おそらく世の中全般において、何かを成し遂げている人というのは、例外なく「自分の価値観」=判断基準をしっかり持っています。その「価値観」を見つけるために、定期的にかつ継続して自分と向き合い(=つまり習慣になっている)、また、その「価値観を守る」ということに対するコミットメントも非常に高いのです。

振り返って、私自身の場合…何が大切なのか、ということは、わかっています。それは家族です。

ただ、「家族」は、私のこれまでの人生にはなかった軸なので(いや、もちろん、私にも家族はいたので「なかった」というのは言い過ぎなのかもしれませんが)、なーんか、人生がちぐはぐな感じでしっくりきていないんですね。

「家族」という新たな基軸をもって、自分の人生を再構築しなおす必要があるわけです。が、まだ、その整理が自分の中で上手くついていないということなんだと思います。

かのダライ・ラマもこう言っています。

変化を心から迎え入れなさい。ただし自分自身の価値観を失わないようにーOpen your arms to change, but don’t let go of your values.

毎日一人になる時間をつくることーSpend some time alone everyday.

まず、手始めにできることとして、週に1回、このヨガの時間だけは、何があっても死守しようと決意しました。次なる課題は、毎日の生活の中で、自分と向き合う時間をつくることでしょうか。

ところで、Pritchett教授は、あのシェリル・サンドバーグにとって、社会人になって最初のボスらしいです。実際は、彼女はラリー・サマーズ氏の部下だったので、自称?(笑)多忙だったので実質、自分がボスだったと。二人はとてもよい友人とのことです。

My first boss: Facebook’s Sheryl Sandberg and economist Lant Pritchett

記事の写真で、派手なピンク色のシャツを着ていますが、このシャツ(ちなみに靴も)見覚えあります。原色が大好きなんです。ハーバード・ケネディースクールの教室で初めて会ったときは、オレンジ色のシャツでした。