歯から考える健康ー子どもの虫歯対策、キーワードは予防!

LINEで送る
Pocket

先日、仕事で歯科関係の方(歯科医、歯科衛生士、歯科技工者)とお会いする機会がありました。

子どもの頃から歯医者さんのお世話になったことがほとんどないので、歯の健康には疎いです。息子が虫歯にならないためにどうすればいいのか、聞いてみました。

今、気をつけていること

  • 歯みがきの習慣化
  • 大人の唾液に触れないようにする(虫歯菌への感染予防)

まだ歯が生えそろっていない1歳児の息子の虫歯予防ために、上記以外にできることはあるのでしょうか。

歯並びをよくすること

というのが、歯科衛生士さんの回答でした。「歯並びがよいと虫歯になりにくい」んだそうです。確かに、歯並びがよいと、みがき残しは少なくなりますよね。

歯並びをよくするためにできることって?

と自問して思い浮かんだ答えは、「アゴを鍛える」というチープなものだったのですが、1歳児は、まだそんなに固いものを食べることもできませんしね…。

それに対する歯科衛生士さんの回答は、「しっかりした身体をつくること」というものでした。

具体的にどうすればいいの?

「しっかりした身体をつくる」と言われても、具体的に何をしたらいいかわからなかったので、さらに質問してみました。

  • 姿勢、身体(左右)のバランスに気をつけるー座っているときの姿勢、向き癖、片方の手や足しか使わないといった場合は、左右均等に身体を使うように気をつけてあげる。
  • 四つん這いをさせるーハイハイ卒業後でも、遊びの中に四つん這いの動きを取り入れて、全身の筋肉を鍛える。腹筋を鍛えるために、コチョコチョ遊びも有効。
  • しっかり噛むことができるように、食事で椅子に座らせるときは、足の裏がしっかり足置きにつけさせること。(足の裏をしっかりつけることは、姿勢にも関係あるそう)

歯と直接関係ない内容ですが、日常生活で気をつけることができることばかりですね。「食事時に椅子に座らせるときは、足がきちんとついていたほうがいい」というのは、知識として知っていましたが、そういう意味があったとは!

また、歯科医師の方からは、虫歯予防のためには鼻呼吸する=口呼吸をしないというのも大切だと言われました。口呼吸では、外気を消毒する機能が不十分とのこと。鼻呼吸で、風邪や口内炎なども防げるそうです。また、虫歯は母子感染が非常に多いので、「お母さんの歯科ケアも大事ですよ」とも言われました。

ママの口腔ケアは?

やはり定期的なメンテナンスは欠かせないとのことでした。

「虫歯がない」という私のような大人でも、特に30歳を過ぎたら、をつけなくてはいけないのは歯周病、とのことでした。歯そのものは健康なように見えても、その土台である歯ぐきにトラブルが起きていることも多いそうです。自覚症状がでたときは発症してしまっていて遅いとのことでした。

大人の歯科チェックは、クリーニングや虫歯の有無はもちろん、歯周病の早期発見、早期治療も重要で、理想的には、理想的には半年に1回、診て頂くのがよいそうです。親子で定期的に歯科通いすることも考えてみたいです。

歯は万病のもと

と昔から言われています。歯がしっかりしていないと食生活、ひいては健康状態にも影響がでてしまいますよね。

調べてみると、歯が悪くなることによる健康への影響は、食生活を通じてだけではないようです。

口周辺の組織に異常が生じると、口は頭に近いことから脳の中心部への作用があり、頭痛や脳の機能低下を引き起こしてしまうそうです。脳機能の低下が、ホルモンや免疫、自律神経に影響を与え、特に自律神経の低下が内臓機能の低下にもつながり、全身に影響がでてしまう、ということでした。

まとめ:歯から考える健康

先日、健康という資産というエントリーを書きましたが、歯もまさに、一生ものの資産ですよね。しかし、残念ながら、経年劣化を避けられない資産です。劣化を少しでも遅らせないと!毎日の積み重ねが歯の健康、そして全身の健康をもつくっていくのだな〜、と改めて実感させられました。

身体というのは、どこか一部の働きが悪くなると、そこをカバーするために、別の部分に負担がかかってしまいます。不調を感じたらすぐに対処するだけでなく、早期発見・早期治療も大切。そのためには「予防」が重要。これからの健康管理は、歯に限らず、「予防」がキーワードとなりそうです。

それにしても、子どもって、どうしてあんなに歯みがきが嫌いなんでしょう?笑

Gymboreeに感じるフランチャイズの安心感(2)

LINEで送る
Pocket

昨日のエントリーの続きです。

気になる受講料は…?

息子が参加した16〜22ヶ月の子どもを対象としたPlay & Learnのクラスは、週1回、45分間のクラスで月額120ドルです。(15週間が1タームのような形になっており、実際の支払いは月ごとではありません)外国人向けの価格であることはまちがいありません。

ご参考までに、同じクラスに参加すると、

  • ニューヨーク:199ドル(※)
  • ワシントンD.C.:82ドル

※ニューヨークは、Upper East SideとUpper West Sideの教室です。同じニューヨーク市内でも、他地域ではもう少しお安いようでした。

となっていました。

留学していたマサチューセッツ州の場合、ボストンやケンブリッジに教室はなく、州内の他都市で89ドル。日本、近隣のタイ、ベトナム(ホーチミン)、シンガポール、マレーシアは、Websiteに料金の情報がありませんでした。

45分間って短くない??と思ったのですが、実際に体験してみると、1歳児には45分も結構長いよう。ちょうど眠くなる時間帯と重なっていたというのもあるかもしれませんが、終盤は疲れたのか、あまり歩かずハイハイになっていました。

月120ドルって高いの?安いの?

こればっかりは、各ご家庭の教育方針によるところが大きいので何とも言えません。

ヤンゴン在住歴2年9ヶ月の私の個人的な見解としては、教室の場所代(賃料)と外国人の先生のお給料といった固定費だけでもかなりかかると思うので、こんなもんかな〜、という気はしています。

 わが家の試算

  • 月120ドル→1クラス(週)あたり30ドル
  • クラス以外に週2回、プレイルームとして使用=計週3回利用

とすると、

  • 利用料ベースだと、1回につき10ドル
  • クラス1回20ドル(施設利用より高付加価値)と考えたら、施設利用は1回につき5ドル

になるので、Play Gymの制度を使い倒せば、そこそこ元は取れるのかな、という算段です。早速、遊びに行ってきましたが、それはもう楽しそうに遊んでいました。夕方だったのですが、たくさん遊んで、晩ごはんもしっかり食べました。

ちなみに2クラス以上取る場合は、2クラス目から割引が適用されるようです。

クラスの選び方でバリューアップ!

今回体験したのは、「Play & Learn」というクラスでしたが、その他に「Art」と「Music」のクラスがあり、わが家の本命は、「Art」です。が、最低人数に達しておらず開講未定…。

理由はいたってシンプルで、

  • そもそも母にArtの素養ゼロ(残念なくらいないです)
  • 道具や材料を揃えたりするのが大変
  • 家ではなかなかできない遊び→絵の具を使ったりするものは、家を汚してしまう可能性が高い+後片付けも面倒

つまり、家での遊びに補完的に位置づけられるものを選ぶことでバリューをだそう、という作戦です。

知育的にはどうなの?(その2)

体験クラスの「Play & Learn」の内容は、「Hard(固い)」と「Soft(柔らかい)」という概念を色々な遊具を使って学びましょう、といったものでした。が、月齢的にそういう進行についていけるわけもなく…本人は、どこ吹く風〜という感じでした(笑)

ただ、さすが長年にわたって培われた、そして世界各国で普及しているメソドロジーなだけあって、要所要所で子どもの関心をぐっと引き寄せる遊具の使い方とかには感心させられましたし、子どもへの働きかけ方としては参考になりました。

Gymboreeでは、どのクラスにおいても、親も子どもと一緒に参加する(Participation with your child in all activities)ことが推奨されています。やはり、クラスで学ぶだけでは限界があり、学習効果を高めるためには、クラスだけでなく、家庭での継続した働きかけがないと身に付かないということなのだと思います。

「Art」のクラスが開講しなければ、「Play & Learn」を受講しようかなと思っていたのですが、来週、「Music」のクラスもpreviewしてみる予定です。

まとめ

2回にわたって長々と書きましたが、ヤンゴンでは、こういったグローバルな方法論で展開しているフランチャイズの幼児教室は限られているので、その存在だけでもまだまだ希少価値が高いといえるのではないでしょうか。

Gymboreeは、外国人家庭だけでなくミャンマー人富裕層の子どもたちも受講しています。ミャンマーは、富裕層に限らず、一般的に教育に非常に熱心です。子どもの教育にお金をかけたいがゆえに、そのために子どもの数を1人ないし2人にしているという家庭も多く、実は、ミャンマーでは既に少子化が始まっていると言われているくらいです。

既に当地にある公文やフォニックスのお教室もウェイティング、学研さん、ベネッセさんも市場調査に来たことがあると聞いています。外国人の目からすると、フランチャイズの教育/知育サービスの品質に対する安心感・安定感が際立ってみえるというのはあると思いますし、ミャンマー人の上中流層というマーケットも狙うことができるかも?今後、このようなサービスはどんどん増えていくと思いますので、早めの検討、進出がカギではないでしょうか。

おまけ

実は私自身、教育サービスの需要増を見越して、2年半ほど前にヤンゴンでGymboreeのフランチャイズ経営をすることを検討していたのです!

ただ、当時は、賃料がスカイロケット的に高騰しており、不動産賃貸は超売り手市場でした。外国人+ビジネス目的だとレントは跳ね上がり、さらなる需要過多・供給逼迫を見越して半年契約という話もあり、「(物理的な)場所」が必要となるビジネスは無理!とあきらめた経緯がありました。

先見の明はあったということですね、先立つものはなかったのですが。自分が母親になって、こういう形でGymboreeとまた出会ったのも、何かのご縁ということで。

Gymboreeに感じるフランチャイズの安心感(1)

LINEで送る
Pocket

昨日、最近ヤンゴンにオープンしたGymboreeのClass Preview(体験クラス)に参加してきました。

Gymboreeは、アメリカ発の幼児教室で、日本にも広尾、自由が丘、横浜、札幌に教室があります。芸能人などセレブの子ども達も通っているらしい!そんなお教室がヤンゴンにできたなんて、隔世の感がありますね〜。笑

今回のお教室体験で、改めて、フランチャイズのビジネスというのは、海外、特に途上国では、ものすごい安心感があるなあ、と実感しました。

ユーザーの視点に立ってみると、日本水準とまではいかないにしても、(飲食店なら)味、サービスにある程度のレベルを期待できますし、価格についても、現地の物価からすると高いことが多いけれど、妥当性もそれなりに判断可能です。

何より安心なのは、「国際基準で運営されている」ことが保証されていることではないでしょうか。

Gymboreeの場合、フランチャイズ契約をすると教室の施工や遊具といったハード面はもちろん、教室やプログラムの経営・マネジメント、Teacher Staffのトレーニング、マーケティング等のソフト面を支援してくれるようです。

我が家がGymboreeに注目したのは、実は「知育」ではなく「身体を動かせる遊び場」という観点でした。

ヤンゴンの遊び場事情

あくまで、1歳男児の母親の観点ですが、

  • 気候的に雨季は雨、乾季は暑すぎて、外遊びは不向き
  • 室内の遊び場は、3歳児以上を対象としたものが多い(うちの1歳児は対象外)
  • 施設、遊具がお世辞にもきれいとは言えない。遊ぶと手足が真っ黒!
  • 施設、遊具の安全性、メンテナンス体制がよくわからない
  • ローカル利用者のマナーが悪い

といった感じで、とにかく子どもを安心して遊ばせられる場所というのが非常に限られています。動きたい盛りの1歳男児、エネルギーを発散させる場所がないと、食事や睡眠(アトピー対策にも重要!)に影響します。

で、Gymboreeは?

そこは、さすがにフランチャイズ!

  • 教室の内装、遊具等は各国共通
  • クリーニングの手順、頻度、遊具のメンテナンスや交換等も共通基準がある
  • 床にはマットが敷かれ(ちょっと固めですが)、柱や遊具の角にあたる部分には、きちんと緩衝剤がつけられている

クリーニングに関する説明に、ググッと来てしまいました。途上国暮らしの長い私ですら、目に余る汚さの場所が多くて…清潔さという点では、実は、息子のNurseryもイマイチだなと思っているんですよね。

実際に、その通りにクリーニングされるかどうかは、また別の問題だということは百も承知です。が、最初に説明もされましたし、ガイドラインにも記載されているので、あまりにも手抜きが目につくようだったら、クレームも可能だと思います。

ローカル基準で運営されている場合、そもそもクリーニングに関する基準などないですが、「子ども達が使うものなんだから、安全・清潔であるべき」と真っ向から正論を話しても、そもそも話が通じないことも多いのです。

知育的にはどうなの?(その1)

  • プログラムは各国共通
  • 遊具にそれぞれ知育的、身体発達的な「目的」を有している
  • 先生は英語ネイティブ(スタッフも英語OK)

といったところは、海外、しかも途上国で子育てするママには安心感があるのではないでしょうか。わが家は知育メインではないですが、どうせ同じ金額を払うなら、付加価値が高い方がいいとは思っています。

わが家的にいいなと思っている点(超主観)

  • Play Gymというメンバー向け施設開放タイムがある。→自宅から近いので、プレイルーム的に利用可能。今日も早速行ってきました!(つまり、入会したということですね)

  • メンバーシップが各国共通で、メンバー向け特典は他国でも使用可能。→バンコク旅行や日本への一時帰国時にも使える。いずれ日本か他の国に移るので、海外転勤族には便利

  • クラスの振替や休会ポリシーがしっかりしている→子どもは何かと体調を崩しやすいし、一時帰国などの長期休暇の時はお休みできるのもいい。

  • 子どもの社会性を観察できる。→働いていて、子どもと過ごす時間が限られているので、特に、先生やお友達とどのように触れ合っているのか見てみたいという気持ちもあり。まー親のエゴですかね。

  • 子どもへの働きかけの参考にしたい。→「遊びながら学ぶ」がいいとは思っていても、具体的にはどのようにしたらよいのかわからないこともあり、そのヒントを得られればと。

といったところでしょうか。

ちなみに、昨日の体験クラスでは、わが息子は、先生もお友達もクラス進行も無視!一人わが道を行っていました…。まあ、月齢的にそんなものでしょうね。

で、気になる受講料は?

長くなりましたので、明日に続きます。引っ張ってすみません…。