伸びる人と伸びない人の差ー素直さ

LINEで送る
Pocket

うちのメイドさん、たまに激マズのカレーをつくります。ほとんどの場合、水の量に対してカレールウの量が少なすぎて、薄―――いカレーになっている、というパターン。

つい先日も、ありえないくらい薄いカレーが出てきました。色がついてたらいいの?というレベルの薄さです(笑)

日本のカレーって、それこそルウの箱に書いてあるレシピに忠実につくれば、料理の腕とかセンスとかが入る余地なんてなくて、不味くなりようがないですよね?にもかかわらず、どうしてこんなにも不味いカレーが何度も何度もつくられるのか。

答えは簡単。

レシピを守らず、自己流だから。

不味いカレーの次のカレーは、だいたい、普通レベルのカレーになります。カレーって、不味くなる余地も少ないですが、激ウマになる余地もそんなにないですよね。隠し味とかをミャンマー人に求めるのはフェアじゃないので、普通レベルで十分満足です。

前回、不味い!薄い!とクレームされてますから、いちおう気を付けるわけです。でも、またしばらくすると不味いカレー=自己流に戻ってしまいます(涙)

実は、カレーはほんの一例で、彼女の「自己流」エピソードをあげだしたら、それこそキリがありません。

彼女に仕事をお願いするときは、細かく手順を区切って指示をしています。それこそ、カレーのレシピと同じで、そこに解釈の余地がないように。一つ一つ手順を追っていけば、誰でもできるように。必要あらば、実技デモンストレーションもします。

何か問題に直面したり、ミスが発生したり場合は、問題解決、再発防止のために、ルールや仕組みを話し合い、関係者(=メイドさん、ナニーさん、夫、私)で合意します。ルールと言っても、とても簡単なこと、例えば、「息子のマグのストローは、洗った後は、必ずXXに戻す」とか、その程度です。難しいことではありません。

 でも、指示した通りにはできないのです。ルールも守れません。

きちんとできていなかったら、また私に小言を言われて、彼女だって不愉快な気持ちになるはずです。それでも、言われた通りにはできない。

最初は、能力の問題なのでは?と考えました。そのことが、手順の細分化、実技デモンストレーション、ルールづくりというやり方につながっていったのです。これ以上、どんな工夫ができるのか、いいアイデアがありません。

それに、今お願いしていることレベルの仕事がちゃんとできないとなると、メイドさんとしての適性がないと言わざるを得ないでしょう…。

他に考えられるのは、「できない」(能力の問題)ではなくて「やりたくない」(意思の問題)のではないか、ということ。ただ、本人にそう言われたわけではないし、仮にそうだったとしても、なぜやりたくないかがわからないので、事態の改善にはつながりません。

あるいは、雇い主である私のことが嫌いだから、私の指示に従いたくないとか?(笑)だとしたら、もうとっくに辞めていますよね。

あれこれ考えたあげく、思い至ったのは、

この人は、人間として素直じゃないんだろうな

ということ。そう考えると、色々とつじつまが合うように思いました。彼女は、もう50歳を超えているので、年齢のせいもあるかもしれません。

素直さを兼ね備えていないと、当然、人からのアドバイスや新しい知識の吸収力も落ちてしまいますよね。それはやはり、成長のボトルネックになると思います。

しかし、それよりも負のインパクトが大きいのは、「この人、どうせ言っても聞かないんだよね」と思われてしまい、周囲の人がその人に対して教える・アドバイスするというモチベーションを下げてしまうことの方なのではないでしょうか。

うちのメイドさんの場合、何度注意しても、失敗や経験から学ぶという姿勢が全くみえてきません。想定する成果が得られないことよりも、学習する気がないことの方が、実は大きなストレスだつたりします。

自己流で行きたい人は、それはそれでいいと思います。でも、自分の成長を助けてくれる人が離れていってしまうかもしれないということを心に留めておくべきでしょう。

人のふり見てわがふり直せ。自分自身も、歳を重ねても、素直な人間でありたいものです。自戒も込めて。

 

 

人生は縁と運とタイミング

LINEで送る
Pocket

先日のエントリーで、迷ったときに自身に投げかけている質問がある、と書きました。

それが、タイトルの

人生は縁と運とタイミング

というもの。質問、といいましたが、「条件付け」に近いかもしれません。

例えば、私は年明けにメルマガ「平成進化論」で有名な鮒谷周史さんの個別コンサルを受けました。

メルマガ自体は2008年頃から登録していたのですが、面白そうなタイトルが目についたときに読む程度。実は、ほとんど読んでいませんでした。ところが昨年11月頃、ふと気になって読んでみたら、色々と私の心に刺さる言葉がたくさんありました。

お、これは何かあるかも?

こういう直感を私はとても大切にしています。必要なときに、必要なものが目の前に現れるようにできているからです。そういう流れのようなものを感じたときは、流れに乗っていくべきです。

ちょうど年末の2日間セミナーの告知がなされており、一時帰国の休暇日程とちょうど重なっていました。が、さすがに丸2日間、子どもをおいて泊まりがけで家を空けるわけにもいかず…じゃあ、個別コンサルを受けてみようかな、と思い、ポチッとしてしまいました。

そんな感じで、あまり深く考えずに申し込みをしてしまったのですが、冷静に考えてみると、コンサルフィーが結構なお値段じゃないですか!「後悔しない」がGolden Ruleの私も、さすがに、「あーやっちまったかー」と思ってしまったわけです。苦笑

他方、年末年始という時期柄、また自身の用事(免許更新とか健康診断とか)も既に入っていたりしたので、一時帰国中に個別コンサルがうまく入りそうな日というのがあるのかな〜、という感じではありました。

そこで私は、こう考えました。

タイミングが合えば、個別コンサルは実現する。

それは、鮒谷さんと私にご縁があるということ。

逆に、予定が合わなかったら、すっぱりとキャンセルするつもりでした。

結局、お正月で大阪に帰省されることになっていた鮒谷さんと1月3日にお会いできることになりました。私はとてもエキサイティングな1年の幕開けを迎えることができたというわけです。そして、お話させて頂いた結果を受けて、今こうして、ブログを書いたりしちゃっているというわけです。

…縁とタイミングはあるけど、運がないって?

縁とタイミングを引き寄せることができたなら、それは運がよいということです!運については、シンプルに「私は運が強い」と信じることです。そうすると、引き寄せの力で、運がよくなります。ホントです。そして、つないだご縁を大切にする、これも重要なことですよね。

2015年になってナニーさんを手放したことと息子のアトピーは、つながっているように感じています。ナニーさんを手放したことで、息子と過ごす時間が増え、息子の変化をより感じることができたのではないかと。息子のアトピー発症は、早いか遅いかの違いだけだったのかもしれませんが、このタイミングで判明したことには、きっと理由がある。そんな気がしています。

子どもに何を遺せるかー健康という資産

LINEで送る
Pocket

教育は、子どもに遺せる財産

といったことをよく耳にしますよね。自身の経験からしても、本当にそうだな、と思います。

教育は、学歴としてだけでなく、人格形成にも影響がありますし、生きる知恵、教養といったものを身につける「無形資産」だと思います。息子にも、本人の意思を尊重しつつ(まだ1歳ですが。笑)できるだけよい環境を、というのはずっと考えていることです。そういう意味で、「教育」=「環境」と置き換えられるかもしれません。

もう一つ、親として子どもに遺してあげることができるのは、「健康」なのではないかと思います。健康には、生まれ持った体質的なものも影響すると思いますので、ここでいう康は、「健康をつくる・維持するための習慣」ともいえるでしょうか。

昨日、1歳の息子がアトピーであると医師に言われました。

アトピーは遺伝によるもの、と思っていました。夫も私も、アトピー家系ではないですし、私に至っては肌も丈夫なので、アトピーとか敏感肌とは無縁だと思っていました。目や首のうしろをかゆがる息子を見て、一時的なものだろうと。最近、肌が乾燥気味だな〜と感じてはいたのですが、新しく使い始めたローションが合わないのかな、くらいにしか思っていませんでした。

ところが、湿疹とかゆみは治ってもまたぶり返す、かゆみでよく眠れないときもある、ローションを以前のものに戻しても肌の乾燥は改善しない…これは、と思い調べてみたところ、アトピーなのではないかと。週末を利用して、医療水準の高いバンコクの病院まで行ってきました。

診断の結果、やはりアトピーであり、原因としては遺伝的なもの(=私(あるいは夫)から受け継いだもの)もある、と言われると、やっぱり落ち込みました。また、目に関しては、月齢の低い頃からかゆがっていたこともあり、今思えばあの頃から既に症状が出始めていたのかも、母親である私が正しい知識を持っていれば、もっと早く気付いてあげられたのに、と思うと、さらに落ち込みました。

一方、ここ数十年でアトピーになる子どもが増えているということからも、アトピーは遺伝だけの問題ではなく、生まれた後の環境(住環境、食生活、ストレスなど)に因るものも大きいのではないかと思います。

環境は、変えられる。整えることができる。

それこそ、教育と同じ。落ち込んでいる場合ではなく、目の前の息子をしっかりとケアしてあげること、少しでも快適に過ごせるようにしてあげることが大切。そう気持ちを切り替えました。

病気の仕組み、身体の仕組みを知り、それらに適ったケアをしてあげる。息子がもう少し大きくなったら、そのケアを一緒に、さらに成長したら自分でできるように。まさに、習慣をつくるということ。

そして、こうした健康をつくる・維持するための「習慣」こそ、私が息子に遺してあげられる財産なんだと思います。

親として、身が引き締まる思いです。

もちろん、黄金律にのっとって「後悔しない」と決めていますので(!)、息子のために、自分のために、そういうふうに動いてきます!

☆「迷ったときに自分に投げかける質問」について書く予定でしたが、変更しました。その「質問」については、また改めて書こうと思います。