調理器具を一新しましたー道具には投資して、小さなストレスはすぐに対処しよう

LINEで送る
Pocket

2月末に前のお手伝いさんがやめて以来、自分で料理をするようになりました。

そこで気になり始めたのが、調理器具の使い勝手の悪さ。また、少しでも調理時間を短くするために何ができるのか?ということ。

そこで、お鍋とフライパン、包丁、ピーラーを新しいものに変えて、新たな時短調理グッズとして圧力鍋を投入しました。圧力鍋で炊いたごはんは、本当に美味しい!しかも早い!

結果、料理時のストレスは軽減されただけでなく、より素材の味を生かした調理も可能になり、QOLがあがりました。やはり、いいものは違いますね。結構な出費となりましたが大満足です!(あ、支払いは夫もちですよ。昨日初めて知ったようですが。笑)

道具を使うものは、料理であれスポーツであれ、相応のものを使った方が効果的・効率的、上達も早かったりするのだと思います。そういう部分にお金をかけることは、やはり「必要な投資」だと改めて実感しました。

また、小さなことでも、ストレスを感じることは早めに対処した方がいいなと思いました。まずは、ずーっと気になっていたバスルームのシャワーの壁フックを直してもらおうと思います!(本当に小さいことですね…)

Comments

comments

SNSでもご購読できます。

◇ Facebookでもフォロー頂けます ◇

コメントを残す

*