2016年の手帳はジブン手帳とpat-miの2冊で。

LINEで送る
Pocket

10月になり、来年の手帳を買う時期になりました。

学生時代も含めかれこれ20年近く、さまざまな手帳を使ってきましたが、未だに「コレ!」という手帳に出会えていません。そう、まさに手帳ジプシー!

手帳に求めるものって、人それぞれ、またキャリアやライフステージによって変わってくるようにも思います。

例えば私の場合、条件として外せないのが、

  • 週見開き、1日縦1行になっているバーチカルタイプ
  • 持ち運びに便利なサイズ、厚さ、重さ
  • ビジネスシーンでもOKなデザイン

これらは経年不変の条件、好みです。

他方、2016年の私は、本業はもちろん、それ以外でも色々と動いていこうと思っていること、それらの活動をしっかり記録(ログ)しておきたいということもあり、

  • ログのためのスペースが私的に適度、調整可能(多すぎても少なすぎても挫折します)
  • (フランクリン・プランナーのように)ライフ・プランニング的なことができる

そして、最近、やたらストレスを感じているのが、マンスリーとウィークリーページの往来。ゆえに、

  • マンスリーとウィークリーの行き来が便利

という新しい条件が加わりました。

これらの諸条件をふまえ検討した結果、2016年は「ジブン手帳」と今年発売された「pat-mi」の2冊使いにトライしてみることにしました。

2冊使いにした一番の理由は、上記の条件を1冊で満たしてくれる手帳がなかったから!(笑)

2冊の使い分けですが、

「ジブン手帳」は、プライベート、ログ(記録)、思考の整理メイン。

「Pat-mi」は、本業のスケジュール&タスク管理に使おうと思っています。このマンスリーとウィークリーがぱっと見できちゃうというのは、どのくらい便利なのでしょう?期待が高まります。

手帳選びは、自分の現在と未来を整理すること。手帳選びを一つのきっかけに、2016年をどんな一年にしたいのか、考えてみるのも楽しいですよ〜。(実際、私はすごく楽しかったです!)

Comments

comments

SNSでもご購読できます。

◇ Facebookでもフォロー頂けます ◇

コメントを残す

*