Keep on believing… その3

LINEで送る
Pocket

 

念願叶って、
実際に途上国で仕事を始めたのは26歳。
行った先は、カンボジア。
たまたまだけど、日本で働いていたときも
カンボジアの案件を担当していたので、多少とはいえ、
土地勘もあり人脈もあり。

最初の2年間は無我夢中だった。ものすごい楽しかった。

でも、3年目も半ばにさしかかった頃、30歳を前にして、
「この次はどうしよう?」ということを考え始めると…

よくわからなくなった。

カンボジアから帰ってきてからは、
定年退職したような気分で「燃え尽きちゃったのかも」
と思ったくらいだった。

まー、そのうち何とかなるでしょ、と思っているうちに、

3年。

最初に、「あ、スランプかも」って思ったときは、
3年たっても抜けだせないなんて思いもしなかった。

こういうときは、”Time will tell”ということで、
時間が経てば、答えが見えてくるだろうと思っていた。

あーでもない、こーでもないと思い悩み、
悩んでいるからって行動しないのは性に合わないので、
あちこちに行ってみたり、人に会ってみたり、
本を読みまくってみたり。

何だか、自分探しの迷路に迷い込んだみたいだった。
(子どもの頃から、迷路とジグソーパズルは大の苦手)

アフガンには、自分で希望してきたけれど、
正直、何かが見つかればという必死な思いがあったと思う。

何度も書いているけれど、私は今の仕事が好きだ。
アフガニスタンで働くことも、すごく気に入っている。

でも、でも、でも、やっぱり、次の目標がないのだ。

どこの国/地域に行きたいとか、
どの分野の専門家になりたいとか、

そういうのがないのだ。

こんなことを書くと、ナンダヨ!と思われるかもしれないが、
これまでの人生の中で、「目標がない」ことがなかったので、
この目標がない状態に戸惑ってしまって、

どうしたらいいのかわからないのだ。

正直、今もよくわかっていない。
でも、いい加減、悩むこと、考えることに疲れてきた感じだ。

なので、もう悩むのはやめにします。

目標がないのも人生だし、これまで3年悩んできたけど、
急に明日の朝起きたら、何か思い立つかもしれないし、
あと5年間くらい、なーんも思いつかないままかもしれない。

けど、そんなこと考えてもわからないので、
とりあえず、行動します!!!!!そろそろ動く時だ!!!

人間、不思議なもので、そう思ったら何だか気持ちも上向き。

悩んでいるアナタ、考えるのも悪くないけど、
悩みすぎたら、悩むことをやめてしまうことをおすすめします。

(続きはそのうち…)

Comments

comments

SNSでもご購読できます。

◇ Facebookでもフォロー頂けます ◇

コメントを残す

*